借金相談

MENU

ヤミ金とはどのような存在なのか

ヤミ金とは、貸金業法などの法律に準じない形でお金を貸し付ける業者のことをいいます。既に複数の業者からお金を借りているなどの理由により、新しい借り入れができない多重債務者が利用することが多いと言われていますが、その手口は非常に巧妙です。借りる気がなくても「それなら借りようか」と思えるぐらいの有様です。

 

ヤミ金の利用経験者が口をそろえて言うのが、ヤミ金業者の応対がとにかく丁寧であること。銀行員のように丁寧で優しい口調の男が出てきて対応してくれるので、ついつい信用してしまったと答える人も多いです。しかし、借り入れる際の利息は「1週間後に5割の利息」など、かなりの悪質さを持っています。もちろん、このような利息の設定は明らかに貸金業法違反です。

 

さらに、お金が返せないと困っているときに、「借金にお困りではありませんか」と手を差し伸べるかのような電話が鳴り、別のヤミ金業者が足元を見てお金を貸し付ける。ヤミ金業者間でネットワークがあり、困っている人をあっせんする仕組みがあり、その結果複数の業者に多額の借金を抱えるようなことになるのです。

 

やはり、法律を順守しないヤミ金業者からはお金を借りるようなことは、絶対にしてはなりません。借りてしまったとしても、違法な闇金への借金の返済は行う必要がありません。