借金相談

MENU

借金の債務整理はよく考えて行いたい

債務整理とは、お金を借りていて返済に苦しんでいる人を救う為の手続きのことをいいます。債務整理には、任意整理と民事再生、自己破産の三つの方法があり、他にも払い過ぎた利息を返還請求できる過払い金返還請求という手続きがあります。

 

任意整理とは、債務者と債権者の話し合いによって借金を減額する方法で弁護士や司法書士が代理人となって和解交渉を行います。借金を減額することによって月々の返済額を減らすことにより生活に支障がない範囲で返済することが可能になります。

 

民事再生とは、地方裁判所に申し立てすることにより、住宅等の財産を維持したまま大幅に減額した借金を原則3年間で分割して返済する方法です。したがって住宅ローン等で取得した住宅を手放したくない場合に効果的な手続き方法です。民事再生には、小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類の方法があります。

 

自己破産とは、手続きすると借金を返済する義務がなくなる整理方法です。返済をする義務がなくなれば借金に追われることがないので、毎月の収入をすべて自分の為に使うことができます。しかし自己破産をすると、20万円を超える財産はすべて処分されてしまうので持ち家等がある場合処分されてしまいます。

 

何れの方法にしても、自分一人で悩むようなことはしない方が良いです。すぐにでも債務整理の相談で借金問題解決へ向けて動くべきなのです。