借金相談

MENU

消費者金融は便利な代わりに注意点もある

消費者金融は個人の借金の申し込みに対し、金の貸し付けを行う事を目的としたものです。また、その個人に対して無担保で事業への融資など資金を貸し付ける意味でも使われる事があります。

 

日本全国で約1300万人が様々な理由で消費者金融に手を付けていると言われています。

 

もともと消費者金融呼び名はあとからついたもので、今から30数年前はサラ金などと呼ばれていました。これはサラリーマンを貸し付けの対象とした業者が多かった事から呼ばれた名です。また貸し付け業者の会社が街や街の中心にあることが多く、街金などとも呼ばれていました。

 

それから10年ほど経つと、サラリーマンだけでなくOLや主婦といった女性層や個人事業主のような自営業者などの契約も増え始め、それと同時に返済ができない会社や個人も増えて強力な取り立てなども増えていき、サラ金地獄という名称まで世間一般的に広がってきたため、イメージチェンジを図り消費者金融と名を改めました。

 

上記のような環境になっても消費者金融を利用する会社、個人は増えていきます。その背景にはバブルの崩壊が大きくありました。1990年代になると、CMが深夜に限定されなくなり、無人式の自動契約機が設置されるなど拡大を始めていった背景があるのです。

 

もし消費者金融から借りたお金が返せないとなると、様々な問題が出てきます。そのままにしていても解決はしませんので、借りたお金の支払いが出来ないなら借金が返せないと専門家に相談をしましょう。